節約するならオール電化

ホーム > 節約するならオール電化

  • モデルハウス
  • まだ奈良で注文住宅を建てないでください!
  • 高品質で美しい住まいの理想をかなえるタイル全面張りの家
  • goodな家
  • ベリーハウス創立10周年企画
  • 標準仕様
  • 完成までの流れ
  • 安心ローン
  • 保証について
  • アフター点検
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 奈良の耐震を考える
  • Q&A
  • 商品紹介
  • 手数料無料の土地探し
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ 住まいの不思議
  • スタッフブログ

ここから本文です。

節約するなら省エネ+オール電化

省エネ等級は最高の「4」が標準

“オール電化って、本当に得なんですか?”という相談をよく受けます。
使い勝手などの評価は人によって色々ですが、ことコスト面に関しては、新築だったら、オール電化が絶対に「お得!」です。

その一番の理由は、光熱費の安さです。
オール電化だと、夜間電力の料金が、なんと昼間の約3分の1。しかも皆さんがよく電気を使われる、朝と夕方の電気も通常より安くなります。さらに、土日祝日等の昼間の電気料金が、平日の昼間の電気料金に比べて約2割も安いんです。

これって、すごいですよね。関西電力さん、がんばってます。
この夜間電力を使って、エコキュートで夜の間にお湯をたっぷり沸かしたり、洗濯機や冷暖房、食器洗い機をタイマー設定で使うのが、今どきの賢い暮らし方。
もちろん、毎月のガスの基本料金もかかりません。

「オール電化はイニシャルコストが高い」という先入観

こう言うと「オール電化は、設備が高い!」と言う人がありますが、それは単純にキッチンや設備の値段だけの比較であって、実はガス工事というのは、けっこう費用がかかるんです。配管の切り回しは手間だし、家の位置によっては引き込み工事も必要だからです。
最近はIHの値段も下がってきていますし、トータルで見ればイニシャルコストも、ガス設備を入れる場合と、トントンとまでは言いませんが、びっくりするほど大きな違いはないでしょう。

また、「IHだと、鍋とか買い換えるのがもったいない」という声もあります。今は、アルミ製や銅製の器具でも使えるオールメタル対応IHもありますし、IH対応の安い調理器具もあります。そこはご自身の、キッチンの使われ方を長い目に考えて、ベストの選択をして頂ければと思います。

コスト面でもう一つ言うと、IHなどの電化製品は火災のリスクが少ないので、オール電化は保険会社によっては火災保険が安くなるんですよ。

オール電化は「先行投資」、導入が早いほど回収も早い

ここまであげた点を踏まえても、オール電化の家の建築費用は、従来のガス・電気併用の場合に比べて高くなります。
でもそれは、先行投資だと考えてほしいんです。

節約は、長期的なライフプランが必要です。大切なのは、今の出費だけじゃなくて、まだ若い皆さんが、長くこの家に住み続ける間に、どれだけお得なのか、ですよね?
オール電化によって毎月の光熱費を抑えれば、その積み重ねで、かかった費用分は必ず回収できます。もちろん、長く住まうほど、その「元を取る」のは、たやすくなります。
だから、オール電化をやるなら、新築の時が一番なんです。

このページの先頭へ

Copyright © Very House All Rights Reserved.