地震への安全戦略

ホーム > 地震への安全戦略

  • モデルハウス
  • まだ奈良で注文住宅を建てないでください!
  • 高品質で美しい住まいの理想をかなえるタイル全面張りの家
  • goodな家
  • ベリーハウス創立10周年企画
  • 標準仕様
  • 完成までの流れ
  • 安心ローン
  • 保証について
  • アフター点検
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 奈良の耐震を考える
  • Q&A
  • 商品紹介
  • 手数料無料の土地探し
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ 住まいの不思議
  • スタッフブログ

ここから本文です。

家族を守る地震への安心戦略

耐震等級「3」が私たちの標準

2011年3月11日、東日本大震災。
地震と津波と原発事故による未曾有の大惨事は、日本中を、そして世界をも震撼させました。

中でも強烈な印象を与えたのは、数え切れない家屋やビルが、壊れた模型のように、津波にさらわれ、倒壊してゆく様です。
住処を失い、途方に暮れる被災者の方々の言葉と、うつろな眼差し。
その姿から、16年前のあのことを思い出した方は多いのではないでしょうか。

1995年1月に起きた阪神淡路大震災は、当時の私たちの家作りを一変させました。
家という家が、たった数十秒の揺れで無残に崩れゆく姿に、愕然としたものです。
“耐震こそ、住宅の最優先事項だ”そう確信しました。

しかし、時とともにその思いや危機感は薄らぎ、スタッフの中にも「もう、あんなことはなかろう」という油断がなかったとはいえません。
耐震の重大さを、お客様に強くPRすることも少なくなりました。
そこに、今回の大震災は起きたのです。

家を失うほど、悲しいことはありません。
“お客様が人生をかけて建てられた注文住宅を、自然の驚異から家を守るために、出来ることは100%して差し上げたい”
住まいへの地震対策の大切さを、今、私たちは改めて訴えます。

7年に1度、死者100名の大地震に襲われる国

日本やその周辺で起きる、震度1以上の有感地震(体に感じる地震)は、年間1,000~1,500回余り。体に感じない小さなものまで含めると、年間10万回以上、1日平均300以上の地震が発生していることになります。
さらに明治以降に、100人以上の死者を出した大地震は19回(2012年現在)。平均して7年に1度は大地震に見舞われている、まさに「地震大国」なんです。

この数字をどうとらえるかは人それぞれでしょうが、私はやはり、皆さんには震災を現実の問題と考え、大切な家と家族を守るための施策をとって頂きたいと思っています。

そして、コスト面や手間を考えると、後施工による耐震補強よりも、家を建てる時に耐震構造を取り入れるほうが断然イイ。
「またそのうちに、必要になったら…」これは、絶対に損な考え方です。

他人事ではない、巨大地震の予測

私たちが住む奈良県には、さらなる大震災の危険が潜んでいます。
それは、東海から九州沖を震源域とする「南海トラフ巨大地震」です。

南海トラフは、四国の南の海底にある深い溝(トラフ)で、大規模な地震発生帯です。
ここには、東海地震・東南海地震・南海地震などの巨大地震が数百年周期で発生しており、近い将来、これらの地震が連動して発生する可能性が高いと予測されています。

中央防災会議の作業部会と内閣府の検討会が発表(2012年8月29日)した被害想定では、最大34メートルの津波と震度7の激しい揺れに見舞われ、最悪の場合は死者32万人、倒壊・焼失建物は約240万棟にのぼるとされています。

これは他人事ではありません。注文住宅を建てる皆様も、来るべき問題に万全の備えをしておくことをおすすめします。

このページの先頭へ

Copyright © Very House All Rights Reserved.