社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > 太陽光発電を設置した時の屋根の重さ。

  • モデルハウス
  • まだ奈良で注文住宅を建てないでください!
  • 高品質で美しい住まいの理想をかなえるタイル全面張りの家
  • goodな家
  • お得なキャンペーン
  • 標準仕様
  • 完成までの流れ
  • 安心ローン
  • 保証について
  • アフター点検
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 奈良の耐震を考える
  • Q&A
  • 商品紹介
  • 手数料無料の土地探し
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ 住まいの不思議
  • スタッフブログ

ここから本文です。

太陽光発電を設置した時の屋根の重さ。

2014.08.25

こんにちは。

奈良注文住宅 .com の岸本です。

先日、あるお客様からの質問で太陽光発電のパネルを設置した時の

屋根の重量についてのご質問がありました。

約10キロワットのパネルを設置した場合約770キログラムの重量が

屋根にかかるけど大丈夫ですか?との事でした。

770キログラムと言っても1点にかかるわけではなく、1平米あたりにすると

約12.5キログラムの加重となります。

ちなみに屋根を陶器瓦葺きにした場合、1平米あたり約43.5キログラムの

加重です。

屋根をスレート葺きにした場合は、1平米あたり約21キログラムの加重ですので

スレート葺きプラス太陽光パネルでも、1平米あたり約33.5キログラムとなり

陶器瓦葺きよりも1平米あたり約10キログラム軽くなります。

(屋根を鋼板葺きにした場合は更にかなり軽くなります)

重量の重い瓦葺の家が昔からある事を考えれば、太陽光パネルを設置しても

問題は無いと思います。

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © Very House All Rights Reserved.