社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > 太陽光発電パネルの性能。

  • モデルハウス
  • まだ奈良で注文住宅を建てないでください!
  • 高品質で美しい住まいの理想をかなえるタイル全面張りの家
  • goodな家
  • ベリーハウス創立10周年企画
  • 標準仕様
  • 完成までの流れ
  • 安心ローン
  • 保証について
  • アフター点検
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 奈良の耐震を考える
  • Q&A
  • 商品紹介
  • 手数料無料の土地探し
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ 住まいの不思議
  • スタッフブログ

ここから本文です。

太陽光発電パネルの性能。

2014.10.25

こんにちは。

奈良注文住宅 .com の岸本です。

皆さんは太陽光発電のパネルを選ぶとき何を基準で選びますか?

例えば、やっぱり国内の大手メーカー製がアフターメンテナンスや保証の面で

安心だとか、発電の効率が良いメーカーが良いとか・・・・・

発電の効率で選ぶという事では、結構かん違いをされている方が多いように思います。

発電効率と言う事では、モジュール変換効率で比較されます。

モジュール変換効率とは太陽の光を何パーセント電気に変えれるかという事です。

だいたい15%から多いパネルだと20%くらいになります。

当然15%より20%のパネルの方が性能が良いと言う事になります。

では20%のパネルを設置すれば良いのかと言うと、必ずしもそうではありません。

なぜなら、モジュール変換効率が良いパネルは高価だからです。

発電効率が良いパネルは屋根の設置面積が少なくてすみます。

例えば、5kWのパネルを設置する為に20%のパネルだと20枚設置、15%のパネルだと

25枚設置が必要です。

20枚しか設置するスペースが屋根に無ければ20%の高価なパネルにしないと5kWに

なりませんが、25枚設置するスペースがあるのであれば、15%の安いパネルで十分なのです。

モジュール変換効率が違うパネルでも5kWは5kWです。

太陽光発電は高価な物ですので、よく比較検討して最適な物を選んでください。

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © Very House All Rights Reserved.