保証について

ホーム > 保証について

  • モデルハウス
  • まだ奈良で注文住宅を建てないでください!
  • 高品質で美しい住まいの理想をかなえるタイル全面張りの家
  • goodな家
  • ベリーハウス創立10周年企画
  • 標準仕様
  • 完成までの流れ
  • 安心ローン
  • 保証について
  • アフター点検
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 奈良の耐震を考える
  • Q&A
  • 商品紹介
  • 手数料無料の土地探し
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ 住まいの不思議
  • スタッフブログ

ここから本文です。

住宅を建てる上で、「保証」は皆様がとても気にされるポイントだと思います。

ベリーハウスでは、株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)の新築住宅かし保険「JIOわが家の保険」と、一般社団法人ハウスワランティによる「地盤保証システム」という2つの第三者機関による保証サービスを採用しております。

【建物の保証】新築住宅かし保険「JIOわが家の保険」

新築住宅かし保険とは?

新築住宅に不具合(かし)があった場合には、住宅事業者が費用を負担して修補することが法律により義務付けられています。

保険内容

新築住宅を供給した事業者が、住宅かし担保責任に基づき修補を行う場合、JIOは修補費用の一定割合を保険金として事業者に支払います。

保険期間

お引渡しの日から10年間(戸建て住宅の場合)。

保険金内容

JIO支払保険金 = 保険の対象となる損害合計額 – 免責金額

支払上限額 2,000万円(※)
仮転居費用・転居費用の限度額
(1回の事故につき)
50万円
損害調査費用の限度額 50万円または修補金額の10%のいずれか小さい額
(戸建て住宅の場合)
免責金額 10万円

※オプションにより3,000万円、4,000万円、5,000万円が選択可能。
 ただし住宅業務者の倒産等の場合には、2,000万円が限度額となります。

検査内容

保険の加入にあたり、建築士の資格を持ったJIOの検査員が建築途中に現場検査を行います。

基礎配筋検査

基礎の鉄筋の太さや間隔をチェックします。

躯体検査

金物や筋かいの取り付け状況等をチェックします。

【地盤の保護】ハウスワランティ「地盤保証システム」

第三者機関である一般社団法人ハウスワランティが、建築基準法に準じて評価し、適切な基礎仕様の提案と不同沈下に対する責任の保証をします。

地盤保証システムの基本的な流れ

お施主様の財産を守るため、第三者的な立場で地盤業務をその責任まで含めて請負うことがハウスワランティの地盤保証システムです。

1.調査案

地盤調査により得られた数値はもちろん、立地条件・周辺環境・土質なども踏まえ、多方面からの調査を提携調査会社に委託します。

2.解析・提案

各調査データを総合的に解析し、該当建物と地盤にとって最適な基礎仕様をご提案します。提案に従った基礎仕様の施工が地盤保証の条件です。

  • 対策
    解析の結果、軟弱地盤など不同沈下の危険性が認められた場合、基礎の補強工事や地盤改良工事を施します。この場合も過剰品質にならない適切なご提案をいたします。

3.保証

  • 保証期間
    基礎工事、着工日より20年間。
  • 保証額
    ひとつの事故に対し最高5,000万円まで。
  • 免責条項
    免責金額0円、免責期間なし。
  • 保証内容
    建物の不同沈下に対し、その修繕に必要な全ての費用を保証します。

このページの先頭へ

Copyright © Very House All Rights Reserved.